2007年01月11日

KID 頑張れ!!

ASIN4777422593.jpg日本レスリング協会が、山本KID選手のタトゥーを自主規制することを決定したというニュースを見ました。。

KID選手にとって、北京オリンピックの予選にもあたる日本選手権で、腕のタトゥーをテーピングで隠して出場するということなんですが…

レスリングで腕にテーピングをするということは、汗をかいても滑りにくく相手に掴まれやすくなるため、KID選手にとって不利になる可能性があるとのことです。

  なんだか納得できないです…

アメリカの医師が、NFL、NLB、オリンピック、カレッジスポーツのアスリートを調査した結果、多くの人間がタトゥーから強さを得られると信じているという結果を得たそうです。

元男子100m世界一のモーリス・グリーンが、スーパーマンのタトゥーをしていたり、マイケル・ジョーダンがオメガ(最高のという意味のギリシャ文字)のタトゥーをしているのを、不快に思う人はいないんじゃないでしょうか?

日本人だって、タトゥーをすることで自分を奮い立たせたり、お守りのように感じている人もいるのに、“教育上悪影響”とか、“組織暴力を連想させる”とか・・・( `_ゝ´)ムッ

タトゥーに否定的なのは、日本の刺青の歴史上仕方のないことではありますが(´-ω-`)

もちろん価値観は人それぞれですが、想いを込めて入れたタトゥーまで不快なもののように見たり、「タトゥー・刺青=悪いもの」っていうふうには決め付けてほしくないですよね…?

  ヒドイ!!。;・(ノД`)ヽ(;Д; )


posted by D-M TATTOO STUDIO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人のタトゥーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。