2011年06月03日

辛いを楽しいに変える、魔法の思考。

ポジティブとは何か?

何か嫌なことがあった時、少しでもプラスに考える。
これはポジティブではありません。


実際に行動に移すこと。
それがポジティブです。



例にあげてみましょう。

あなたが学校でイジメられたとします。
どうしますか?

この場合
イジメ=あなたの今の悩みやストレス、嫌なこと
だと置き換えて以下を読んで下さい。



一番ダメなのは、
不登校になること。
これはただ逃げただけ。
何の解決にもなっていません。


次にダメなのは、
先生に言う。
これもダメです。
人に頼っただけで、いじめっ子との関係は修復出来るどころか、先生にチクったとさらにいじめられるでしょう。


正しい選択は、
イジメがどうしたら無くなるか考え、行動する事です。

勇気を振り絞り、イジメっ子に暴力で立ち向かうのもいいでしょう。

ここで、
どうせやられるから。
どうせまたイジメられるから。
と、何もしなければ何も変わりません。







あなたは授業が大嫌いです。
どうしますか?


ポジティブとは、
授業嫌だけど、やらなきゃいけないんだし、勉強が好きになるように頑張らなくちゃ。

と考えることではありません。

そんな思考で、嫌が好きになったら、世界中の人全員が万能になってしまいます。

この場合、
授業中漫画を読む。
友達と喋る。
寝る。
が正解です。




不満な状況下に置かれた時に、それ自体をプラスに考えるのではなく、
考え、自分が正しいそして楽しいと思うことをする。
これがポジティブです。

いくら考えても、授業は楽しくなりませんから。
だったら、自分で有意義な物に変えるのです。

そうするうちに、授業の大切さや楽しさにも気づくかもしれません。





友人と一緒に楽しみにしていた授業中、腹が痛くなったらどうしますか?

辛そうな顔をして、
「あぁ…お腹痛い…」
と言って周りに心配してもらいますか?

それでトイレに行く。
帰ってきてから皆に、
「お腹痛くて、楽しみにしていた授業一緒に受けれなかった…。ごめんね…。」

これは周りから見ると、良い気はしません。
お決まりの、
「ううん。大丈夫だよ。それよりお腹は大丈夫?」
という言葉をかけられて終わりです。

全員マイナスな気持ちになります。



私だったらこうします。

笑顔で
「ああー!超腹いてぇーwwでも授業受けてえー!w」
と言い、トイレに行きます。

帰ってきて笑顔で、
「めちゃ下痢出たー!wてか授業受けたかったー!おまえ等だけ受けれてうらやましいなー!w授業どうだった!?」

と話します。



どうでしょうか?

お腹が痛いという事実。
トイレに行ったという事実。
友人と楽しみにしていた授業を受けれなかった事実。

全て同じですが、後者の場合、場の雰囲気は明るいです。

そして自分自身、後者の方が楽しいと思いませんか?

望んだ結果ではなかったけれども、その事実を明るく楽しくするにはどうしたらいいか?
考えるだけでなく、それを行動に移すことが、ポジティブです。

それが「楽しい」ということです。


「辛い」は簡単に「楽しい」に変えられます。






逆境にあった時、下を向いて考えるだけになっていませんか?
行動出来ていますか?

人に頼ったり、いいわけをして人のせいにしていませんか?



勇気ある行動をするだけで、あなたの世界は明るくなります。

そうなれば、あなたの周りは明るくなり、明るい場所には明るい人達が集まります。


あなたの今日、そして未来を明るく豊かなものにするのは、あなた以外誰にも出来ないのです。







わたし何様?
posted by D-M TATTOO STUDIO at 01:29| 茨城 ☔| Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。