2012年04月08日

あの人、〇〇 の話するとマジギレするから気を付けてね。みたいに陰で言われた時点で仲良くしてもらえない気がする。

本日、バスケの真面目なお話。

色々な社会人バスケットのチームに所属しているのですが
メインは豊里クラブというつくば市のチーム。

小4から今までずっとバスケットを続けているのですが
小中高とほとんど勝った思い出がありません
高校の時なんか部員5人でしたし。笑

社会人バスケを始めた頃も当然ヘタクソで
下手過ぎてバスケ友達とかもいなくて
初心者向けの所をネットで探して参加させて頂いたりしてました。

やっぱりバスケ大好きで
楽しかった
大会とかに出るレベルではなかったので
観戦だけ行ったりとか。

んで、もの凄く上手い人が
もの凄いブザービーターを決めたのを見て
感動して
ドキドキして
僕もこんな風になりたいな
大会の決勝みたいな、こんな舞台に立ってみたいなって
努力しました

頑張って頑張って
初めて大会で優勝した時は嬉しくて
仲間と抱き合い、軽く泣いてしまったのを覚えてます
恥ずかしかった。



豊里クラブは
今年で入って二年目
豊里中学校のOBをメインに構成されていて
大人になると皆自然とクラブに入ってくる。
大規模で素晴らしいOB会を毎年企画していたり
プライベートでも本当に仲が良くて
普通では考えられないほど広く深い繋がりがあります。


昨日大会で
クラブバスケを始めた頃からの目標というか、もう憧れに近い、
手の届かない強いチームと決勝で対戦しました

勝てないだろうと思っていた部分も少しあり
なんとなくコートに立ち
なんとなくプレイ。
リードしてもそれは最初だけだろうと
なんとなくプレイ。

自分の半端な気持ちとは反対に
全てを投げ出し、勝利を掴もうと必死に走る仲間の姿を見た時に
少し
勝てるかもと思いました。

いつも当たり前だと思っていたけど
僕のシュートを全部拾ってくれて
それでもパスをくれて
ダメな僕を置いていくように
点差は少しずつ離れていって
前半終わる頃
チームメイトが最高に頼れて
こんな信頼関係が築けたことが誇らしくて
涙をこらえるのが辛かった。

後半、ダメでもダメでも使ってくれて
でも期待に応えられなくて
悔しくて仕方なかったけど

それでも点差を広げてくれる皆を見ていたら
もう、我慢できなくて
少しでもしゃべったら泣いてしまいそうで黙っていたら
バスケ始めた頃のこととか
色々
感慨深くて
最後試合が決まった時は
色々な感情で頭の中がゴチャゴチャになりました。

でもやっぱり強かったのは
感謝というかなんなのか
勝利そのものへの喜びではなく、
仲間に恵まれた事への喜び。

そのチームに勝つことが1つの夢だったので
本当に嬉しい。

豊里の前に在籍していたチームは
年齢的な問題で解散。
共に夢を追い、そして叶えた、最高最強のチームでした。


スポーツだから
もちろん結果が大事。
でも
大切なのは
自分にとってどれだけ価値のある仲間とプレイ出来るか。という所だと思います。
団体競技の最大の魅力であり、最大の課題。
意外と結果とかはどうでもよかったりして
自分個人の出来なんか本当にくだらなく思えますね。


死ぬほど嬉しくて熱くなって語ってしまいました。

書いていたら
一人一人のプレイが頭から離れなくて
帰宅し気が緩み
1人きりになって
我慢解禁
やっと泣けました。
号泣

豊里クラブや今日の勝利を
大したことないと思う人もいるでしょう。
でも、僕にとっては最高。
それでいいんです。


せっかく恵まれたので
もう一度燃えるぜ。

あの日僕が憧れた舞台やスーパースターみたいに
僕も誰かの憧れに。


私の夢は
「人の夢になること」

バスケに限らず。
オンファイヤー!

あなたの夢はなんですか?
posted by D-M TATTOO STUDIO at 23:25| 茨城 | Comment(5) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。