2012年04月19日

「ええ〜、分かんない。特にないな〜」って言われた瞬間、その人への興味が無くなる。 無いなりの回答というか、返しというか。 愚直。


↑最近ハマっているバンドです。
かっけー



青汁始めて1ヶ月

すき屋、ラーメン、マック
以外はほとんど口にしないので

30手前になり
とうとう体もおかしい感じになり
ニキビ沢山出来たり
体だるかったり
ラジバンダリ

青汁始めて1ヶ月
体イキイキ
肌ツルツル

すげー
青汁すげー

やっぱ健康第一


「好きな4文字熟語は?」
という質問が好き

回答でその人の感じというか
人柄が出るような気が。

実際聞いてみると分かるのですが、

なんかバカっぽい人は
バカっぽい回答するし

知的な人は
おお〜って回答するし

薄っぺらい人はそれなりの回答
明るい人はそんな感じの解答

その人らしい回答が返ってきます


僕は
「当意即妙」
即座に機転を利かせ状況を打破する。みたいな意味です。
一休さんな感じ。
自分に足らない部分であり、理想でもあるので、座右の銘の1つに掲げてます。

他に
「一発逆転」かっけー!
「健康第一」健康が一番!
「独立自存」他の何物にも影響を受けることなく自らの力で存在している。みたいな感じ。


いくつか座右の銘のようなものがあると
それだけで日々が豊かになるものです

ビジネスの場や趣味の場でも
そういう芯のある人間は
ふとした瞬間、魅力的に見えます

もちろん、信念として貫く意思があって。の話ですが。


あなたは何かありますか?

無いなら青汁飲んだらいいですよ。

とりあえず、健康になれる。







posted by D-M TATTOO STUDIO at 01:54| 茨城 ☀| Comment(3) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

あの人、〇〇 の話するとマジギレするから気を付けてね。みたいに陰で言われた時点で仲良くしてもらえない気がする。

本日、バスケの真面目なお話。

色々な社会人バスケットのチームに所属しているのですが
メインは豊里クラブというつくば市のチーム。

小4から今までずっとバスケットを続けているのですが
小中高とほとんど勝った思い出がありません
高校の時なんか部員5人でしたし。笑

社会人バスケを始めた頃も当然ヘタクソで
下手過ぎてバスケ友達とかもいなくて
初心者向けの所をネットで探して参加させて頂いたりしてました。

やっぱりバスケ大好きで
楽しかった
大会とかに出るレベルではなかったので
観戦だけ行ったりとか。

んで、もの凄く上手い人が
もの凄いブザービーターを決めたのを見て
感動して
ドキドキして
僕もこんな風になりたいな
大会の決勝みたいな、こんな舞台に立ってみたいなって
努力しました

頑張って頑張って
初めて大会で優勝した時は嬉しくて
仲間と抱き合い、軽く泣いてしまったのを覚えてます
恥ずかしかった。



豊里クラブは
今年で入って二年目
豊里中学校のOBをメインに構成されていて
大人になると皆自然とクラブに入ってくる。
大規模で素晴らしいOB会を毎年企画していたり
プライベートでも本当に仲が良くて
普通では考えられないほど広く深い繋がりがあります。


昨日大会で
クラブバスケを始めた頃からの目標というか、もう憧れに近い、
手の届かない強いチームと決勝で対戦しました

勝てないだろうと思っていた部分も少しあり
なんとなくコートに立ち
なんとなくプレイ。
リードしてもそれは最初だけだろうと
なんとなくプレイ。

自分の半端な気持ちとは反対に
全てを投げ出し、勝利を掴もうと必死に走る仲間の姿を見た時に
少し
勝てるかもと思いました。

いつも当たり前だと思っていたけど
僕のシュートを全部拾ってくれて
それでもパスをくれて
ダメな僕を置いていくように
点差は少しずつ離れていって
前半終わる頃
チームメイトが最高に頼れて
こんな信頼関係が築けたことが誇らしくて
涙をこらえるのが辛かった。

後半、ダメでもダメでも使ってくれて
でも期待に応えられなくて
悔しくて仕方なかったけど

それでも点差を広げてくれる皆を見ていたら
もう、我慢できなくて
少しでもしゃべったら泣いてしまいそうで黙っていたら
バスケ始めた頃のこととか
色々
感慨深くて
最後試合が決まった時は
色々な感情で頭の中がゴチャゴチャになりました。

でもやっぱり強かったのは
感謝というかなんなのか
勝利そのものへの喜びではなく、
仲間に恵まれた事への喜び。

そのチームに勝つことが1つの夢だったので
本当に嬉しい。

豊里の前に在籍していたチームは
年齢的な問題で解散。
共に夢を追い、そして叶えた、最高最強のチームでした。


スポーツだから
もちろん結果が大事。
でも
大切なのは
自分にとってどれだけ価値のある仲間とプレイ出来るか。という所だと思います。
団体競技の最大の魅力であり、最大の課題。
意外と結果とかはどうでもよかったりして
自分個人の出来なんか本当にくだらなく思えますね。


死ぬほど嬉しくて熱くなって語ってしまいました。

書いていたら
一人一人のプレイが頭から離れなくて
帰宅し気が緩み
1人きりになって
我慢解禁
やっと泣けました。
号泣

豊里クラブや今日の勝利を
大したことないと思う人もいるでしょう。
でも、僕にとっては最高。
それでいいんです。


せっかく恵まれたので
もう一度燃えるぜ。

あの日僕が憧れた舞台やスーパースターみたいに
僕も誰かの憧れに。


私の夢は
「人の夢になること」

バスケに限らず。
オンファイヤー!

あなたの夢はなんですか?
posted by D-M TATTOO STUDIO at 23:25| 茨城 | Comment(5) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

タトゥーの話してやるよ



コイツ仕事のブログで仕事の話ひとつもせんで
意味分からん話ばっかするわ

なんて思われる前に

たまにはタトゥーの話も


日本人は世界に誇れるものを持っているのに知らないケースが多い

日本の刺青文化もその1つです


外国の場合

ファッションや部族の象徴として施術されることがほとんどです

日本の場合

発祥は大昔

最初は刑罰として

オデコに「×」マークを彫られたり

「犬」とか彫られたりしました。


その後、火消し(消防士)が焼け死んだ際に自分だと遺族に認知させるために入れ始め

そこから鳶職や大工などのいわゆる建設業の方々が勇ましさを競うように強さの象徴として入れていきました。

木の棒に針を結び付け墨汁をつけ、刺す。という施術方法。

痛みを伴うことや命懸けで仕事をする男達の姿から

刺青=強い

というイメージはこの時から。


不良=自分を強く見せたい

といった傾向から、今で言うヤクザも彫るようになり

いつしかそっちの方が多く。

ガッツリ刺青=ヤクザというイメージが日本人にあるのは昔からなんですね。

海外では当初からファッション的要素が強かったので、そもそも最初から違うんです。



で、

何が誇れるのかというと

浸透した経緯から

絵がデカい=強い

となるのですが、

デカい=長期に渡り苦痛に耐えなければならない

のです。


苦痛に耐えるためには

心が強くなくてはならない。

腕っぷしではなく

真の強者でなくてはならないのです。



信念を持ち

それを形に残す

とにかく耐える。忍耐。


これが外人さんには出来ないようで、日本人の心の強さは世界中で高く評価されています。

海外では出産の際、痛いという理由から帝王切開がメインだというのには驚きました。



僕が
あなたが思う世界に誇れる日本人の良いところは?と聞かれたら

「我慢強い」

と答えます。



総身彫り(ボディースーツ)と呼ばれる

いわゆる全身真っ黒のやつ(私も)は、

皮膚が売れます。


亡くなってから綺麗に剥ぐのですが、何百万で売れるそうです。

先日、外国のどっかでその博覧会みたいのがあったようです。


日本の総身彫りは洋服を着て隠れるようになっています。

つまり、心の強さは人には見えないんだぜ。みたいな意味が込められています。

昔は「人に見せるもんじゃねーよ」とよく言いましたが、こういった経緯から、脳ある鷹は爪を隠す。といった感じなんでしょう。


海外では逆なので、見えるところにオシャレとして入れることが多いです。

もちろん海外でもそれぞれ特別な意味や思いを込めて彫る方も。


そういった日本の刺青は世界中で大人気で、ここ数年では真似?という表現はよくないですが、海外で人気な絵柄の上位にジャパニーズタトゥーがあります。

モチーフ(鯉とか桜みたいな)や

シルエット(ガッツリな感じ)が大人気。

それは逆もあり、日本でも「洋彫り。洋柄」と呼ばれるファッション性の高いものが人気ですね。

客層も暴力団や不良のアウダーグラウンドな層だけでなく、女子大生などが可愛らしいのをいれるようになりました。


相乗効果てやつなのかな。

プレゼント交換みたいで面白い。


民族が部族の象徴として彫っているものがトライバルの発祥です。

これはうかつに真似して彫ると命に関わることも。

似たようなの彫ってその民族の村へ行ったら「ニセモノ!」みたいな感じで槍で腹刺された。とか。

○○組と彫ってそこの事務所に行く。これと同じですね。




つまんないので、ここら辺で。



昔からそうなんですが、

酒の席で

バスケの熱い話とか

仕事の話とか

すげー嫌い。

マキシマム嫌い。


バスケ話は

意味ないから嫌い。


タトゥー話は

同じ事ばっか聞かれるから嫌い。


先日、結婚式の二次会で職業柄か、初対面の方に沢山話し掛けて頂きました。

が、仕事の話ばかりで耐えきれず退席ばかり。。苦

意味もなく夜風あびまくりました。
寒かった。


自分のこういうところ

嫌いじゃない。



posted by D-M TATTOO STUDIO at 15:59| 茨城 ☁| Comment(4) | タトゥーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。